災害医療/Disaster Medicine

災害対応実績

2011年3月 東日本大震災

東日本大震災に対して、奈良医大高度救命センターから2隊のDMATチームを派遣しました。

その後、さらに奥地教授を始め、救急科医局員が奈良県救護班の先陣を切って現地に赴き、被災地での診療活動を行いました。

2011年2月 ニュージーランド地震

畑医師を国際緊急援助隊救助チーム医療班医療責任者として派遣しました。

   

2010年9月 パキスタン洪水災害

西尾健治准教授を国際緊急援助隊医療チーム隊員として派遣しました。

   

2008年5月 中国四川大地震

畑医師を国際緊急援助隊救助チーム隊員として派遣しました。

 

2005年10月 パキスタン北部地震

畑医師を国際緊急援助隊医療チーム隊員として派遣しました。

   

2004年12月 スマトラ沖巨大地震災害

国際緊急援助隊救助チーム隊員として畑医師をタイに派遣しました。

   

その他 パシフィック・パートナーシップ2012、2013

パシフィック・パートナーシップとは、米軍を初めとする環太平洋地域の軍やNGOが参加する人道援助活動であり、日本からは自衛隊とNGOが参加しています。当院から、総合診療科西尾准教授と当科畑講師が参加しました。

 
     

〒634-8522 奈良県橿原市四条町840番地
Tel . 0744-22-3051(代表) Fax . 0744-22-4121
840 Shijo-cho, Kashihara, Nara, 634-8522, Japan
Tel +81-744-22-3051 Fax +81-744-22-5992