後期研修プログラム/Advanced GME

現行制度下における救急科専門医育成プログラム

  •  2014年度より日本救急医学会では新しい専門医制度へ向かう準備段階として、あくまでも現行制度の枠組みの下で、事前登録制のための救急科専門医育成プログラムの公募を試行することとなりました。この現行制度下における救急科専門医育成プログラムの公募のために、奈良医大救命センターで作成した暫定的なプログラムを示します。

    Ⅰ.研修プログラムの名称
     奈良県立医科大学高度救命センター 救急科専門医育成(救急集中治療専攻)プログラム

  • Ⅱ.プログラムの概要  
     本プログラムは原則として卒後3年目以降の研修医を対象として、3年間、奈良医大高度救命救急センターまたは奈良県立奈良 病院救命救急センターに専従し、救急科専門医の育成を行うための後期研修プログラムである。 

    Ⅲ.教育到達目標   
     内因性、外因性を問わず生命の危機にある患者に対する初期対応能力を修得し、入院後は救急集中治療を行うことができる人材を育成することを目標とする。

    Ⅳ.研修施設
     1.基幹研修施設(奈良県立医科大学付属高度救命救急センター) 研修プログラム責任者名:奥地一夫
     2.関連研修施設(奈良県立奈良病院救命救急センター) 研修プログラム責任者名:中村達也  

    Ⅴ.研修プログラム  
     当施設では救急外来で初期治療からスムーズに集中治療に移行できるため、初期の病態から学ぶことが可能である。救急集中治療領域で最も重要な心肺停止蘇生後や敗血症、多発外傷、重症急性膵炎、急性中毒症例が豊富である。

    1年目(奈良医大高度救命センターで研修を行う。) 
    A)到達目標 
     救急外来および救急集中治療室において、内因および外因性の重症患者に対して、指導医の指導の下、基礎的な呼吸・循環管理が行える。
    B)指導体制
     専攻医1人に対して担当指導医(救急専門医)を1人選定する。また別途、後期研修の責任者を置いて当該研修の標準化、プログラムの適正な実施を担当させる。
    C)研修内容 
     主治医となる上級医とペアーで患者を担当する。臨床的な診断および治療方針に関しては主治医から指導を受け、担当指導医からは基本的臨床マナー、自立的学習法について学ぶ。

    2年目(関連研修施設である県立奈良病院救命救急センターにて、重症外傷の診断と治療を中心に研修を1年間行う。)
    A)到達目標
     外傷症例を中心に指導医の指導の下、初期治療および緊急手術の助手、術前術後管理ができる。
    B)指導体制
     専攻医1人に対して担当指導医(救急専門医)を1人選定する。頭部外傷、胸腹部外傷、四肢外傷に関して各領域の専門医から指導を受ける。
    C)研修内容
     単独で主治医となり、多発外傷を中心に各臓器損傷の治療に当たり、各領域の専門医からの助言と指導を受ける。

    3年目(奈良医大高度救命センターで研修を行う。)
    A)到達目標
     重症救急患者の外来から入院さらに集中治療に至るまで、外科的治療を除く標準的な管理を単独で実施できる。
    B)指導体制
     後期研修担当の責任者を設置し研修の標準化、プログラムの適正な実施を計る。
    C)研修内容
     主治医となって後輩後期研修医を指導しながらペアーで患者を担当する。臨床的な治療方針に関して自身で決定を行う.回診、カンファレンスで必要に応じて診断、治療方針に関して上級医から指導を受ける。

    Ⅵ.専攻医数 3名/年

  • 後期研修プログラム概要

    • ・後期研修の期間は半年以上より受け入れています。その後他科で後期研修される方も大歓迎しております。期間が1年以内の場合は当科にて研修、2年以上の場合には、一次、二次救急患者に対する理解をより深めていただくために、救急搬送受け入れ年間6,800件を誇る、淀川キリスト教病院で半年間研修していただく事も可能です(希望により各診療科での研修が可能です)。
    • ・当科研修中にはICLS (Immediate Cardiac Life Support)の受講やインストラクターとして活動することにより、一般的な心肺蘇生法の修得と普及に尽力していただきます。また、外傷関係でも同様に、JPTECTM (Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care),JATECTM(Japan Advanced Trauma Evaluation Care) の修得と普及に協力していただき、外傷初期診療に習熟していただきます。
    • ・当科では、厚労省の災害派遣医療チーム (DMAT, Disaster Medical Assistance Team)、および国際協力機構(JICA, Japan InternationalCooperationAgency)の事業である国際緊急援助隊医療チーム(JMTDR, Japan Medical Team for Disaster Relief)に参加しており、チームに参加し、研修などを通し、災害時には国内、国外の援助活動に参加可能です。
    • ・3年間研修される場合、救急専門医申請資格を得ることができます(淀川キリスト病院も当科と同様、救急専門医指定施設です)。ただし、救急医学会会員歴5年が必要ですので専門医取得時期は人により前後しますので(取得するときに大学病院を離れていても可能です)、早期の入会をお勧めいたします。

後期研修終了後

  • ・半年以上の後期研修後、、当科を離れ自分の特性にあった専門科を選択していただくことが可能です。
  • ・救急専従医を希望される方は、subspecialityを選択し研修することが可能です。今までに集中治療、整形外科、一般外科、脳外科などに研修派遣してきております。
  • ・急性期病態をScienceとして分析理解するために、研究をおこなっておりますが、大学院に入学し、研究、学位取得後、留学も可能です。当科よりの留学者は今まで3人です。学位に関しましては、大学院に入学せず、臨床を行いながら研究を行い、論文博士として取得することも可能です。現在までに当科の研究での学位取得者は6人です。

奥地教授以下、まだ新しい小さな科ですが、楽しい科ですので一度見学してみて下さい。

当センター後期研修をお勧めする理由

  1. 1.前期研修の問題点のひとつに、将来使わないかも知れない知識、技術を研修することに、多くの研修医の人たちがとまどっており、学生実習をおこなっているかのように、ただ研修期間だけがすぎていってしまっている状態の人も多いという点があります。その点、当科のように全科的な知識を要する後期研修を選んだ場合、自分で全科的な事に指示を出さなければ行けない状態に自分をおくことになり、初めて前期研修が生きたものになると考えられます。
  2. 2.医者になっての最初の5年間は非常に重要ですが、ずっと将来続ける何か一つの科を専門家として究めていく前に、救急医療的なものを、後期研修の時期にしっかりと押さえておくことは、先生にとってはもちろん、将来にわたり、先生の目の前に現れる患者さんにとっても、他の医師との差別化の点においても、先生方に利することはあっても、損になることはないと思います。当科での後期研修を、今は他の専門研修を始められない、皆から遅れてしまう月日と思うかも知れませんが、10年も経てば、それは遅れではなく、短かかった有意義な月日になるのは確実です。

初期研修プログラム

後期研修プログラム

〒634-8522 奈良県橿原市四条町840番地
Tel . 0744-22-3051(代表) Fax . 0744-22-4121
840 Shijo-cho, Kashihara, Nara, 634-8522, Japan
Tel +81-744-22-3051 Fax +81-744-22-5992